TOP

MENU
がん・病院・保険
がんの治療、お金、予防のこと

 ホーム    予防    抗酸化物質でがんを予防

抗酸化物質でがんを予防

このページでは、抗酸化物質及びそのサプリメントとがんの予防について、情報を集めて整理しています。

さまざまな病気・不調の原因となる活性酸素

人間は、呼吸により酸素を体内に取り込み、その一部が活性酸素になります。

活性酸素は、体内の有害物質や細菌・ウイルスなどを排除する働きをします。
しかし、過剰に生成されると、正常な細胞を壊して、疲労・老化・発がんの原因になる、と考えられています。

人体には、過剰な活性酸素を処分する機能が備わっていますが、大量になるとさばききれなくなるようです。

活性酸素を過剰にする原因

酸素を吸えば、一定の割合で活性酸素が発生します。適量の活性酸素は、問題ありません。

以下のようなことがあると、体内の活性酸素は増えるそうです。

活性酸素がかかわる病気

活性酸素の悪影響の範囲は、疲労感や肌荒れのような軽いものから、生死にかかわる病気まで幅広いようです。

活性酸素が関係すると考えられている病気には、以下があります。

もちろん、活性酸素以外の原因で、上の病気になることはあります。また、活性酸素だけが原因でないこともあります。

いずれにしても、活性酸素は、さまざまな体調不良や病気を引き起こすと、考えられています

活性酸素を抑える抗酸化物質

活性酸素が過剰に生成されても、人体にはそれを取り除く機能が備わっています。しかし、年齢が進むとともに、その能力が低下すると考えられています。

そこで、食事などを通して、活性酸素を押さえ込める成分=抗酸化物質を効果的に補充したいです。

抗酸化物質を含む食品

幸いなことに、抗酸化物質は、わたしたちがふだん口にする、様々な食材に含まれています。

代表的な抗酸化物質と、それを含む食品を下表に整理しました。なお、成分が異なるときは、( )にその名称を付記しています。

カロテノイド
  • 緑黄色野菜(β-カロテン)
  • みかん(β-クリプトキサンチン)
  • トマト(リコピン)
  • サケ(アスタキサンチン)
  • ホウレンソウ(ルテイン)
  • カメ、コンブ(コキサンチン)
ビタミンC
  • 柑橘類
  • アセロラ
  • キウイフルーツ
  • トマト
ビタミンE
  • アーモンド
  • 小麦胚芽
  • 植物油
  • うなぎ、たらこ
  • 西洋かぼちゃ、アボカド
ポリフェノール
  • 赤ワイン、ブルーベリー、なす、カシス、ブドウ(アントシアニン)
  • 緑茶、紅茶(カテキン)
  • 大豆(イソフラボン)
  • ココア、チョコレート(カカオポリフェノール)
  • そば、かんきつ類、玉ねぎ(ルチン)
  • 玄米(フェルラ酸)
  • ターメリックまたはウコン(クルクミン)
  • 生姜(ショウガオール)
  • コーヒー(コーヒーポリフェノール)

研究グループによって効果が確認されているのは一部の食品

含まれる栄養成分を考えると、上表の食品にがん予防効果を期待できそうです。

ただし、実際に多数の被験者を使った研究で、がん予防効果を確認されているのはごく一部です。

現時点で、複数のがんに効果がありそうな飲食物は、以下です。

その他は、効果がないというより、結論を言うにはデータが不足している、ということのようです。

特定の食品に偏らない

抗酸化物質には色々と種類があり、それぞれ、得意・不得意(効くがん、効かないがん)があるようです。

また、ビタミンEはβ-カロチンの酸化を防ぐ、ビタミンCはビタミンEの酸化を防ぐというように、抗酸化物質同士で助け合う関係もあるようです。

これらのことを考え合わせると・・・

特定の抗酸化物質に偏るより、できるだけ多くの種類を摂りたいです。

【参考サイト】

抗酸化サプリメントの使用上の注意点

食事を通じて、いろいろな抗酸化物質を摂ることが理想です。しかし、生活環境によっては、それが困難になります。

そんなときに頼りになるのが、サプリメントです。
ただし、抗酸化サプリメントの服用には、いくつかの重要な注意点があるようです。

服用しても効果があるとは限らない

培養細胞や動物を使った実験では、抗酸化物質の有効性は確認されているそうです。

しかし、人間が抗酸化物質のサプリメント(以下抗酸化サプリメントと省略)を服用したときの効果は、まだ証明されていないそうです。

抗酸化サプリメントの効果を確認するために、いくつも臨床試験(人間による試験)がおこなわれてきたようですが、良い結果もあれば、悪い結果(死亡率や罹患率が上昇)もあって、まだ結論は出ていないようです。

抗酸化サプリメントの過剰摂取は有害

サプリメントには、抗酸化物質が凝縮されているため、摂り方によっては過剰になるかもしれません。そして、抗酸化物質の中には、過剰に摂ると、害になるものもあるようです。

たとえば、米国で実施された、β-カロテン・サプリメントの肺がんへの効果を調べる大規模試験では、高濃度のサプリメントを摂った被験者のグループの、肺がんの罹患率が高くなったため、試験自体が途中で打ち切られました。

他にも、マウスを用いた動物実験ですが、抗酸化物質が肺がんや皮膚がんを悪化させる、という結果が出ているようです。

有益なものでも、摂りすぎると毒になるのは、抗酸化サプリメントに限りません。ことさらに警戒することはないと思われます。

ただ、食事で抗酸化物質を十分に摂っているようなら、抗酸化サプリメントは控えるほうが良さそうです。

ちなみに、食事のみ摂取なら、通常は過剰になることはない、とされています。

【参考サイト】

サプリメントをお勧めできる条件

現時点では、抗酸化サプリメントには、多くを期待できないかもしれません。とは言え、抗酸化サプリメントには効果がない、と証明されたわけではありません。

培養細胞や動物による実験では、抗酸化物質の有効性は確認されています。よって、適切な摂り方さえ見つかれば、効くことを期待できます。

さしあたって、食生活で抗酸化物質が不足している人(緑黄色野菜や魚をあまり口にしない等)は、抗酸化サプリメントを試しても良いかもしれません

もしかしたらがんの予防につながるかもしれません。そうでなくても、疲労回復とかお肌の美容とかのメリットを期待できます。

このページと、関連性の高いページです。