TOP

MENU
がん・病院・保険
がんの治療、お金、予防のこと

 ホーム    予防

がんの予防について

このページでは、がんの予防について、情報を集めて整理しています。

予防とは、がんにかかる確率を下げること

症状のところで説明したように、日本人の2人に1人ががんにかかり、3.5人に1人ががんで亡くなります。

こういう現状なので、がんの予防といっても、がんになるのを防ぐことはできない、と考えるべきでしょう。

たとえば、B型肝炎の予防接種を受けると、15年間くらいはB型肝炎に対する抵抗力が得られます(by 日本肝臓学会)。
これと同じレベルでの、がんの予防策は無い、ということでしょう。

とは言え、日本人にとってかかわりの深い病気ですから、専門家たちが精力的にがんの研究に取り組んでいます。
その中で、がんにかかりやすくなるいくつもの原因が、科学的に確認されています。

それらの中には、日々の生活で気をつければ、排除できるものがいくつかあります。
望ましい生活習慣を身に付けることで、がんになる確率が少しでも下がるように、がんばりましょう。

世界的な機関が認定している、がんのリスクを高める要因

WHO(世界保健機関)、IARC(国際がん研究機関)、WCRF(世界がん研究基金)、AICR(米国がん研究協会)などの研究が有名です。

それぞの研究成果をもとに、かんになる危険性を確実に高くする要因を、抜き出します。

関連の強さ がんの要因
確実にリスクを上げる
  • 喫煙、副流煙
  • 飲酒
  • 肥満
  • 内臓脂肪
  • 高身長
  • 赤肉・加工肉
  • 飲酒
  • アフラトキシン(カビ毒)
  • 中国式塩蔵魚
  • 飲料水中の砒素
  • β-カロテン
可能性が大きい
  • 出生時過体重
  • 塩分・塩漬けの食品
  • マテ茶
  • 食事からのカルシウム

これらの多くは、日本人にも当てはまります。
ただし、すべてが当てはまるわけではないようです。

たとえば、日本人に限ると、肥満しているとがんになりやすい、とは言えないそうです。
また、日本人の食生活にはなじみの薄い食品が、上表にあげられています。

日本人のためのがん予防法

世界的な機関による予防法は、必ずしも日本人にピッタリとは限りません。というのは、日本人固有の生活習慣や食事の傾向があるからです。

そこで、いくつかの研究機関・グループが、日本人のためのがんの予防法を、発表しています。

国立がん研究センター 予防研究グループ

以下の6つの項目について、がん予防の見地から、注意を喚起しています。

喫煙 たばこは吸わない。また、他人のたばこの煙を避ける。
  • 喫煙をやめることで、男性は29.7%、女性は5.0%、がんにかかる確率を下げられる。
  • 受動喫煙を避けることで、男性は0.2%、女性は1.2%、がんにかかる確率を下げられる。
飲酒 1日あたりアルコール量に換算して約23g程度まで。
  • 日本酒なら1合、ビールなら大瓶1本、焼酎や泡盛なら1合の2/3、ウイスキーやブランデーならダブル1杯、ワインならボトル1/3程度。
  • 節度ある飲酒により、男性は9.0%、女性は2.5%、がんにかかる確率を下げられる。
食事 バランス良い食生活。特に塩分の量に注意。
  • 塩漬けの食品、食塩の摂取は最小限に(食塩は1日あたり男性9g、女性7.5g未満)。
  • 野菜や果物不足にならない。
  • 熱い状態の物を飲食しない。
  • 食塩の摂取量を最小限にすることで、男性は1.9%、女性は1.2%、がんにかかる確率を下げられる。
身体活動 日常生活の中で、適度な運動をする。
  • 64歳までは、1日60分の歩行か同程度の身体活動を。また、週3回10~20分程度の軽い運動を。
  • 65歳以上は、1日40分、どんな動きでも、身体を動かす。
  • 活動的に過ごすことで、男性は0.3%、女性は0.6%、がんにかかる確率を下げられる。
体形 体重を適正な範囲内に保つ。
  • BMI値(体重(kg)/身長(m)2)を訂正な範囲に維持する。
  • 中高年期男性の適正なBMIは21〜27、中高年期女性は21〜25。
  • BMI値を適正に保つことで、男性は0.8%、女性は1.6%、がんにかかる確率を下げられる。
感染 肝炎ウイルスやピロリ菌などの検査と処置。
  • 肝炎ウィルス ⇒ 肝がん
  • ヒトパピローマウイルス ⇒ 子宮頸がん
  • ヘリコバクター・ピロリ ⇒ 胃がん
  • 感染に対策することで、男性は22.8%、女性は17.5%、がんにかかる確率を下げられる。
【参考サイト】

がん研究振興財団

がん研究の振興・助成・育成・情報発信をおこなう、公益財団法人がん研究振興財団が、「がんを防ぐための新12か条」を公表しています。

  1. たばこは吸わない
  2. 他人のたばこの煙をできるだけ避ける
  3. お酒はほどほどに
  4. バランスのとれた食生活を
  5. 塩辛い食品は控えめに
  6. 野菜や果物は不足にならないように
  7. 適度に運動
  8. 適切な体重維持
  9. ウイルスや細菌の感染予防と治療
  10. 定期的ながん検診を
  11. 身体の異常に気がついたら、すぐに受診を
  12. 正しいがん情報でがんを知ることから

1~9は、国立がん研究センター 予防研究グループの予防法と同じです。こちらの方が、かみ砕いた表現でわかりやすいかもしれません。
10~12は、がん研究振興財団ならではの項目です。

がん検診は、法律に基づき、市町村が実施しています。以下のようなものがあります。

検診 対象者
胃(X線) 40歳以上の男女
子宮頸部(細胞診) 20歳以上の女性
乳房(視触診とマンモグラフィ) 40歳以上の女性
肺(胸部X線と喀痰検査) 40歳以上の男女
大腸(便潜血検査) 40歳以上の男女

原則として有料です。ただし、経費補助がるので、個人で受診するよりは格安です。
費用は、市町村によって異なるので、それぞれのホームページ等で確認ください。

【パンフレット】

このページと、関連性の高いページです。