TOP

MENU
がん・病院・保険
がんの治療、お金、予防のこと

 ホーム    保険の選び方とおすすめ

保険でがんに備えるときに、知っておきたい重要ポイント

このページでは、保険でがんに対策するときに、知っておきたいポイントを整理しています。

がん対策で保険を使うべきかは、人それぞれ

がんのための保険が多数販売されていますが、だからと言って、保険に入らなければならないわけではありません。

がんにかかる費用は、一概には言えません。
たとえば、がんが体のどこにできるかで、別の病気と思えるくらい、治療の方法・期間・費用は違います。
また、同じがんでも、進行の程度によって、異なります。

準備したい治療費用の目安は300万円

ただ、準備する上で、目安になる金額あります。約300万円です。その根拠は、がんの治療にかかる費用で、説明しています。

もっとも、現在の健康保険等の医療保険制度では、70歳以降自己負担の割合が低くなります。
高齢になると、がんにかかる危険性は高まりますが、準備する金額は300万円より少なくても、間に合いそうです。

いずれにしても、保険は、この金額を準備するための、手段の一つに過ぎません。

預貯金で準備できるなら、その方が望ましい

がんの保険は、保険会社に払い込む保険料は決まっていますが、給付金をいくら受け取ることができるかは、やってみないとわかりません。金銭面で、最終的に得するか損するかは、やってみなければわかりません。

ただし、損をする可能性の方が高いです。つまり、払った保険料に対して、受け取る給付金の方が、総額で少なくなる可能性が高いです。
こじらせて人並み以上に長く入院するとか、繰り返し入院しなければ、受け取る給付金の金額は増えません。

だから、預貯金などで確実に準備できるなら、その方が望ましいです。

出て行くお金と入ってくるお金の比較だと、保険は損になる可能性が高いのですね・・・

すぐに確実に預貯金で準備できなければ保険

預貯金が望ましいとは言え、今の時点で300万円なりの必要額を確保できていることが、条件になります。

これから預貯金を貯めるということであれば、必要額が貯まるまでの間は、金銭面では無防備になります。貯まるまでに年単位の期間がかかりそうなら、保険を検討しましょう。

保険なら、加入の手続きが終了したらすぐに、所定の保障を受けることができます。
お金を借りる以外で、まとまった治療費を確保するできる金融商品は、保険だけです。

より詳しい説明は・・・

掛け捨て保険では、保障のムダを徹底的に排除する

保険は、大きく、貯蓄性のあるタイプ、掛け捨て(貯蓄性のない)タイプに分けられます。
がんに備えられる保険の大半は、掛け捨てタイプです。

掛け捨て保険には、このタイプならではの良さがあります。掛け捨てであることは弱点ではありません。
ただ、掛け捨て保険は、ムダな保障を付けると、貯蓄型保険以上に損をしやすくなります。

仮にムダな保障を付けても、貯蓄型保険だったら、将来、保険金とか解約返戻金として、全部もしくは一部がもどってきます。
一方、掛け捨て保険では、使わなかった保障の分の保険料は、もどってきません。だからこそ・・・

掛け捨て保険では、使う可能性が低い保障や、過剰な保障を、出来る限り排除したいです。

そのためには、保険の仕組みを理解するとともに、がん治療の実際について、多少の知識が必要になります。

と言っても、医学的な専門知識ではなく、主な治療方法と、その治療期間とか想定しておきたい治療費用、あるいはがんがわたしたちの生活に及ぼす影響とかです

より詳しい説明は・・・
保険の入り方・選び方については・・・

保険は、早く入る方が、そして見直さないのがお得

がんの保険に入るつもりがあっても、加入するタイミングを迷うかもしれません。

結論から言うと、気持ちが固まったら、できるだけ早く加入する方が、お得です。

早く加入する方が、生涯に払う保険料は安く上がる

がん保険や医療保険などの保険料は、加入者の年齢が若いほど、安くなる傾向があります。これはよく知られています。

この他に、保険料には、あまり知られていない特質があります。それは・・・

早く加入する方が、生涯に払う保険料の累計額は、安くなる

というものです。

一例として、アフラックのがん保険『生きるためのがん保険Days1』に女性が、入院給付金5,000円のプランに、60歳払済(60歳で保険料払込終了)で加入したときの保険料を、年齢ごとに算出しました。

加入年齢 1回の保険料 保険料累計
20歳 2,018円 968,640円
30歳 3,033円 1,091,880円
40歳 5,298円 1,271,520円

加入する年齢が高くなるにつれて、1回(1ヶ月)あたりの保険料は高くなります。
それだけでなく・・・

上の比較だと、20歳加入と40歳加入とでは、20万円以上もの大きな差がつきました。

保険は、思い立ったときが、加入するベストなタイミングです!

保険を“見直し”すると、保険料は再計算される

がんは、日本人がかかりやすい重病の代表格だけに、医療技術の進歩は急速です。それに合わせて、保険の商品改定や新商品発売も活発です。

だからといって、目新しい商品が登場するたびに、保険を“見直し”していると、保険料の負担がドンドン膨らみます。保険料は、見直し時点の年齢を元に、再計算されるからです。

がんの保険が新しくなっても、リニューアルされるのは一部分です。
ところが、保険を“見直し”すると、すべてが新しくなります。不満がなかった部分まで新しくなって、保険料が高くなります

将来、見直す必要がない保障内容にする

保険料を上げたくないからと言って、時代遅れになった保険を続けるのは、それはそれでムダに思えます。要するに・・・

最初に保険に加入するときに、時代遅れになりにくい保障内容にすることが大切です。

もちろん、わたしたち一般消費者が、がん治療技術の将来を、正確に予測することは困難です。
おすすめするのは、将来の予測ではなく、時代遅れになりにくい、柔軟性の高い保障内容にすることです。

では、経年劣化しにくい保障とは、どんな保障なのでしょうか?

より詳しい説明は・・・
保険の入り方・選び方については・・・

がんに対策できる保険はいろいろある

消費者の関心が高い病気だけに、保険会社も、いろいろな形でがんの保障を提供しています。その結果、選択肢が増えすぎて、戸惑ってしまいそうな現状になっています。

グッと絞り込んでも、以下の4通りくらいになります。

また、生命保険会社だけでなく、損保会社や共済なども、同じような商品を販売しています。

死亡保険など、医療系ではない保険とは組み合わせない

おすすめできないのは、死亡保険など、医療系ではない保険の特約として、がんの保障に加入すること。

特約は、メインの保障が消滅したら、いっしょに消滅します。
医療系とは異なる保障と組み合わせた場合、後になってがんの保障だけ残す、ということはできません。

保険は長年にわたって続けるものです。先々何が起こっても柔軟に対処できるように、目的ごとに別々の保険商品に加入することを、強くお勧めします。

医療保険に入るなら、がんの対策も医療保険で

医療保険というからには、日本人の2人に1人がかかるがんに対策できない、ということはありません。
実際、最近の医療保険は、がんや、がんを含めた三大疾病の保障が充実しています。

そして、医療保険とがん保険の両方に加入することには、リスクがあります。保障が重複して、必要以上に保険料を負担する危険があります。

医療保険でがんにに備えるにあたって、気をつけていただきたいことがあります。
このページで長々と説明してきた通り、がんへの対策としては、入院や通院、三大治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療)やその他の療法など、多様化する治療方法に幅広く対応できることを、重要視すべきです。

多くの保険会社は、入院を日数無制限で保障するとか、治療の実態とズレたことをプッシュしています。すべてがズレているわけではありませんが、ズレていることが含まれています。

それに乗せられないように、しっかりと保障内容を見きわめてください。

がん保険は、保障内容が多様化

がんの保障は欲しいけれど、医療保険は不要であるとか、すでに加入しているというケースもあるでしょう。

医療保険の、がんに関する保障が充実する影響を受けて、がん保険の保障内容は多様化しています。
生命保険関連の分野の中で、もっとも多様化しているジャンルの一つでしょう。

医療保険と同じく、入院給付金(入院日数分のお金が出る)をメインにしている商品があれば、がんの診断給付金(一時金)を主契約とする商品もあります。

より詳しい説明は・・・
保険の入り方・選び方については・・・

このページと、関連性の高いページです。