TOP

MENU
がん・病院・保険
がんの治療、お金、保険のこと

 ホーム    保険の選び方とおすすめ    アフラック「生きるためのがん保険 ALL-in」を徹底分析

アフラック「生きるためのがん保険 ALL-in」を徹底分析

アフラックは米国の保険会社Aflacの日本法人で、日本で初めてがん保険を発売しました。

そうした先駆者としての強みもあってか、アフラックのがん保険は、現在最も売れているがん保険です。

そんなアフラックのがん保険「生きるためのがん保険 ALL-in」を徹底分析します。

がん保険に求めるもっとも重要な機能

がん保険や医療保険に求める条件(がんの保障に関して)はいろいろあるでしょうが、とくにご注意いただきたいことがあります。

がんに最もかかりやすいのは70代以降

下のグラフは、新規でがんにかかった人数を年齢層別にあらわしています。『がん統計2021』(がん研究振興財団)をもとに作成しました。

20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60~64歳 65~69歳 70~74歳 75~79歳 80~84歳 85歳~

60代後半から急増し、70代がピークです。

80代に入って人数が減っているのは、亡くなる人数が多くなるためと考えられます。

2020年の日本人の平均寿命は、男性が81.64歳、女性が87.74歳でした。

70代になるときに役に立たなさそうな保険

がんにかかる確率が格段に高くなるのは70代以降です。よって、70代になったときに使えなさそうながん保険、医療保険は、ダメな保険商品ということです。

たとえば、30代の人なら40年後、40代のことなら30年後に使い物になりそうかが、保険選びのポイントになります。

保険に加入しても、その商品のクオリティはわかりません。

保険の実力がわかるのは実際に使うときで、たいていは加入から数十年後です。

アフラックのがん保険は劣化が心配な保険

保障内容が現在の治療法に依存している商品は、劣化しやすいです。現在の“最新”は、30~40年後には時代遅れですから。

とくに、主契約の支払条件に、特定の治療法が含まれていたら要警戒です。

そして、アフラックのがん保険「生きるためのがん保険 ALL-in」は、そういう商品です。

劣化するであろう保障

「生きるためのがん保険 ALL-in」のおもな保障のうち、あきらかに劣化しそうなのが、ピンクの部分です。けっこうあります・・・

診断給付金 入院給付金 通院給付金 特定診断給付金特約 診断給付金複数回支払特約 特定保険料払込免除特約 外見ケア特約(10年更新) がん先進医療特約(10年更新) がん治療保障特約(10年更新)

たとえば、主契約(はずせない部分)の通院給付金の支払条件は、次のようになっています。

  • 次のいずれかの治療を目的とする通院であること。
    • 手術
    • 放射線治療
    • 抗がん剤治療
    • ホルモン剤治療
  • 次のいずれかの日から365日以内の通院であること。
    • 初めて診断確定した日
    • 手術、放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン剤治療のいずれかを受けた日
    • 抗がん剤治療
    • がんのために入院し、退院した日の翌日

治療法がこれでもかと盛り込まれています。

新しいカテゴリの治療は保障されない

約款によると、上の抗がん剤は、世界保健機関(WHO)の医薬品分類L01、L03、L04、V10に当てはまる薬です。

新薬でもどれかに当てはまれば保障されるので、今後の新薬の登場に配慮されていないわけではありません。

しかし、現在の分類を前提にしているので、いずれ新しいタイプの新薬が登場したら、保障されないリスクがあります。

ちなみに、WHOの医薬品分類にL04が追加されたのは1994年で、二十数年前です。今後、同じことが起こるかもしれません。

アフラックのがん保険は劣化の不安がある

通院給付金の例をご覧いただきましたが、この商品の大半(上のイメージ図のピンク色の部分)の支払条件に、治療法が記述されています。

それらは、上の例と同じく、現在の治療法の進歩には対応できるでしょうが、その先の進化には配慮されていません。

極論すると、将来登場するであろう治療法については、予測可能な範囲をカバーすれば良しと割り切っています。

アフラックのがん保険はお勧めできない

国民病であるがん治療の研究開発は活発なので、30~40年後を予想するのは困難です。

だからといって、アフラックのがん保険のように、未来の治療法は予測可能な範囲で対応すれば良し、と割り切られても困ります。

保険会社は数値化できないリスクを嫌がる

アフラックの姿勢には、やむを得ない面があります。

無理のある予想をして保険料の設定を誤ると、将来会社の経営を圧迫することになります。

そこで、アフラックなどいくつかの保険会社は、未来の治療法は予測可能な範囲で対応すれば良し、と割り切っています。

“最新の治療法に対応”は顧客ウケが良い

アフラックに限らず、最新の治療対応していることを売りにするがん保険は多いです。その方が消費者ウケが良いのでしょう。

ただ、最新の治療法に対応できることと、保障内容を現時点の最新状態に固定することとでは、意味が違います。

保険会社は商品改定を随時おこなって商品を最新状態に保てますが、それぞれの加入者の保障はそのたびに少しずつ時代遅れになっていきます。

主契約が劣化する・・・

劣化しそうな給付金があっても、それが主契約でないなら、保障プランの作り方次第で避けることができます。

あいにくアフラック「生きるためのがん保険 ALL-in」は、上のように主契約にリスクがあります。

ですので・・・

アフラックのがん保険は、お勧めできません。

すでにアフラックに加入している方が、すぐに他社商品に切り替える必要はありません。

アフラックのがん保険のすべてがダメではないですし、他社のライバル商品にも欠点があります。

そして、すでに加入している保険には、(今より若いときに加入したので)保険料安いというあきらかな強みがあります。

保険を見直すことで、それを上回るメリットが得られるかを、慎重に見極めてください。

比較したいライバルの商品

アフラック「生きるためのがん保険 ALL-in」をご検討でしたら、こちらの商品とぜひ比較してください。

がん保険の比較ポイント

最近のがん保険は多機能な商品が多いので、比較できるポイントはいくつもあります。

そんな中で、とくに重要と考えられるのが以下の3点です。

  • 現在の具体的な治療法に依存していないか?
  • 現在の治療にもとづく数値(日数など)が、支払条件などに指定されていないか?
  • 上の2点をクリアしたうえで、通院だけの治療に幅広く対応できるか?

“最新”の治療に対応していることを誇っている商品は、これらをクリアできない可能性が高いです。

候補に加えてほしいがん保険

次のがん保険は、それぞれ長所・短所はありますが、上にあげた条件をクリアできているか、(保障プランの組み方次第で)クリアできる商品です。

FWD生命「FWDがんベスト・ゴールド」

診断給付金メインのがん保険。この診断給付金が他社に比べて有能です。

SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」

2タイプありますが、お勧めは【がん診断給付型】だけです。

診断給付金メインのがん保険です。診断給付金が有能であるのに加えて、通院給付金(がん外来治療給付特約)も守備範囲が広いです。

東京海上日動あんしん生命「がん診断保険R」

診断給付金メインのがん保険です。上の2商品には及びませんが、診断給付金は十分に実用的です。

この商品には、他社にはない健康還付給付金という仕組みがあります。それとの相性が決め手になりそう。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

入院給付金メインのがん保険ですが、最大の魅力は守備範囲の広いガン治療通院給付特約です。

この特約とガン診断給付特約を付けると、スキの少ない保障が出来上がります。

詳しいことはこちらで・・・

商品の比較にプロを活用

効率的に検討を進め、正しく判断するために、保険のプロの活用をお勧めします。

がん保険を検討するときの2つの危険

保険の中でも、がん保険には特有のむつかしさがあります。

ひとつの商品を理解するだけなら、そんなに難しくないでしょう。しかし、商品の比較に取りかかると、悩む場面が増えるはずです。

そこで、保険のプロの活用をお勧めします。

おもな商品を取り扱える保険専門のFP

検討を的確かつスムーズに進めるために、次の条件を充たす保険のプロを活用したいです。

こうした条件を充たするのは、保険専門のファイナンシャル・プランナーです。

保険専門のファイナンシャル・プランナーに無料で相談するなら・・・

保険専門のFPに無料で相談する

相談するファイナンシャル・プランナーのがん保険についての考え方は、このサイトとは異なるかもしれません。

がん保険は長く続けるものなので、さまざまな考え方に触れたうえで、ご自身で納得して決断してください!

このページと、関連性の高いページです。