TOP

MENU
がん・病院・保険
がんの治療、お金、保険のこと

 ホーム    保険の選び方とおすすめ    オリックス生命「がん保険ビリーブ」を徹底分析

オリックス生命のがん保険「がん保険ビリーブ」を徹底分析

オリックス・グループは、1964年設立の金融サービスグループです。

オリックス生命はそのグループ企業で、1991年から営業を始めました。

ターゲットを明確にしたわかりやすい商品開発に定評があり、これまで人気商品を複数生み出しています。

そんなオリックス生命のがん保険「がん保険ビリーブ」を徹底分析します。

そのがん保険、数十年後に役に立つ?

がん保険や医療保険に求める条件(がんの保障に関して)はいろいろあるでしょうが、商品を比較するときに、とくにご注意いただきたいことがあります。

それは、ご検討の保険が、ご自分が70代になったときに使い物になりそうか?という点です。

がんに最もかかりやすいのは70代以降

下のグラフは、新規でがんにかかった人数を年齢層別にあらわしています。『がん統計2021』(がん研究振興財団)をもとに作成しました。

20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60~64歳 65~69歳 70~74歳 75~79歳 80~84歳 85歳~

60代後半から急増し、70代がピークです。

80代に入って人数が減っているのは、亡くなる人数が多くなるためと考えられます。

2020年の日本人の平均寿命は、男性が81.64歳、女性が87.74歳でした。

経年劣化しやすい保険とは?

年数の経過につれて変化するのは、具体的な治療法や医薬品です。

よって、次のようながん保険・医療保険は、年数の経過により劣化しやすいです。

これらに当てはまる商品を避けたいですし、保障プランを検討するときにも意識していただきたいです。

保険の実力がわかるのは実際に使うときで、たいていは加入から数十年後です。

だから、多くの方々が、ダメな保険に入っても、なかなか失敗に気づけません。

「がん保険ビリーブ」は経年劣化しにくい

「がん保険ビリーブ」の保障内容は具体的な治療法への依存が少なく、経年劣化しにくいがん保険です。

おもな保障内容

「がん保険ビリーブ」のおもな保障内容は下のようになります。

他社に比べてシンプルですが、経年劣化しやすい特定の治療法に依存する保障がなく、まともです。

がん初回診断一時金 がん治療給付金 がん入院給付金 がん手術給付金 がん退院一時金 がん先進医療特約 がん通院特約

主契約の「がん治療給付金」は入院一時金で、どんな治療をするかに関係なく、入院したら給付されます(ただし2年に1回限度)。

放射線治療の費用は「がん手術給付金」で対応できます。一方、抗がん剤治療やホルモン剤治療等を直結する給付金はありません。

ちなみに、「がん通院特約」は入院後1年間の通院のみ対象なので、通院のみによる抗がん剤治療やホルモン剤治療では役に立たちません。

治療費のすべてを保険でカバーしようというより、短期間でまとまった出費になりやすい部分を重点的に保障しようという考え方のようです。

高額療養費制度と組み合わせれば、十分に実用的です。

入院・手術重視の保障内容

「がん保険ビリーブ」の保障内容は、今どきのがん保険にしては、入院・手術重視が目につきます。

そのため、他社のがん保険に比べて古臭く見えるかもしれません。

しかし、がんの治療費を考えるときに、入院費用や手術費用の優先度が高いことは、今も昔も変わっていません。

手術は依然として多い

国立がん研究センターが提供する「院内がん登録 全国集計結果閲覧システム」の2020年度のデータによると、日本人がかかりやすい肺がんと大腸がんでは・・・

治療法 肺がん 大腸がん
手術 34.9% 35.5%
放射線治療 8.6% 0.3%
抗がん剤治療 20.3% 5.0%

手術費用は高くなっている

厚生労働省が毎年公表している『医療給付実態調査』によると、ここ最近のがんの入院日数と1入院当たりの医療費(自己負担ではなく実費)は、表のようになっています。

年度 平均日数 医療費
2017年度 20.04日 108万6490円
2018年度 19.77日 110万4908円
2019年度 19.33日 111万4996円

入院日数は少しずつ減っていますが、医療費は逆に増えています

入院日数が短くなっているのは医療技術が高度になっているおかげなので、むしろ治療費用は高くなる・・・という流れのようです。

通院のみでの治療には薄い

通院のみでの治療に対応する保障は、他社に比べて薄いです。

「がん初回診断一時金」を計画的に使えば、それらの費用をひねり出せそうですが、心もとないかもしれません。

一般的には、放射線治療以外の通院治療は、一気のまとまった大きな出費になりにくいようです。治療費のすべてを保険で準備する必要はない、というのがオリックス生命の考え方かもしれません。

保障を重要性の高いものにしぼって、そのかわり保険料を低くしようという発想なのかもしれません。

「がん保険ビリーブ」のお勧め保障プラン

お勧め保障プランと留意いただきたい点を説明します。

お勧めの保障プラン

赤い部分、つまり主契約でのご加入をお勧めします。

がん初回診断一時金 がん治療給付金 がん入院給付金 がん手術給付金 がん退院一時金 がん先進医療特約 がん通院特約

なお、通院のみでおこなわれることが多い放射線治療と抗がん剤治療ですが、放射線治療を受けると「がん手術給付金」から給付金が出ます。

他方、抗がん剤治療の費用は「がん初回診断一時金」から回すことになります。抗がん剤治療は短期間でのまとまった出費にはなりにくいですが、ご不安なら「がん初回診断一時金」を厚めにしてください。

同社のもう一つのがん保険との使い分け

オリックス生命には、がん保険がもう一つあります。「がん保険ウィッシュ」です。

こちらは定期保障(保障される期間が決まっている)のがん保険です。

一般的に、これら2つのがん保険を組み合わせることはないでしょうし、(目的が違うので)迷う可能性も低いと考えられます。

比較したいライバルの商品

オリックス生命「がん保険ビリーブ」をご検討でしたら、こちらの商品とぜひ比較してください。

がん保険の比較ポイント

最近のがん保険は多機能な商品が多いので、比較できるポイントはいくつもあります。

そんな中で、とくに重要と考えられるのが以下の3点です。

  • 現在の具体的な治療法に依存していないか?
  • 現在の治療にもとづく数値(日数など)が、支払条件などに指定されていないか?
  • 上の2点をクリアしたうえで、通院だけの治療に幅広く対応できるか?

“最新”の治療に対応していることを誇っている商品は、これらをクリアできない可能性が高いです。

候補に加えてほしいがん保険

次のがん保険は、それぞれ長所・短所はありますが、上にあげた条件をクリアできているか、(保障プランの組み方次第で)クリアできる商品です。

FWD生命「FWDがんベスト・ゴールド」

診断給付金メインのがん保険。この診断給付金が他社に比べて有能です。

SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」

2タイプありますが、お勧めは【がん診断給付型】だけです。

診断給付金メインのがん保険です。診断給付金が有能であるのに加えて、通院給付金(がん外来治療給付特約)も守備範囲が広いです。

東京海上日動あんしん生命「がん診断保険R」

診断給付金メインのがん保険です。上の2商品には及びませんが、診断給付金は十分に実用的です。

この商品には、他社にはない健康還付給付金という仕組みがあります。それとの相性が決め手になりそう。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

入院給付金メインのがん保険ですが、最大の魅力は守備範囲の広いガン治療通院給付特約です。

この特約とガン診断給付特約を付けると、スキの少ない保障が出来上がります。

詳しいことはこちらで・・・

商品の比較にプロを活用

効率的に検討を進め、正しく判断するために、保険のプロの活用をお勧めします。

がん保険を検討するときの2つの危険

保険の中でも、がん保険には特有のむつかしさがあります。

ひとつの商品を理解するだけなら、そんなに難しくないでしょう。しかし、商品の比較に取りかかると、悩む場面が増えるはずです。

そこで、保険のプロの活用をお勧めします。

おもな商品を取り扱える保険専門のFP

検討を的確かつスムーズに進めるために、次の条件を充たす保険のプロを活用したいです。

こうした条件を充たするのは、保険専門のファイナンシャル・プランナーです。

保険専門のファイナンシャル・プランナーに無料で相談するなら・・・

保険専門のFPに無料で相談する

相談するファイナンシャル・プランナーのがん保険についての考え方は、このサイトとは異なるかもしれません。

がん保険は長く続けるものなので、さまざまな考え方に触れたうえで、ご自身で納得して決断してください!

このページと、関連性の高いページです。