TOP

MENU
がん・病院・保険
がんの治療、お金、保険のこと

 ホーム    保険の選び方とおすすめ    SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」を徹底分析

SOMPOひまわり生命のがん保険を徹底分析

国内2位の損保会社損保ジャパン率いるSOMPOグループの生命保険会社が、SOMPOひまわり生命です。

大手企業グループに属しており、また元をたどると40年以上の実績を持つ同社ですが、何度も社名を変えているので、実力のわりに知名度は低いかもしれません。

このページでは、そんなSOMPOひまわり生命のがん保険を徹底分析します。

そのがん保険、数十年後に役に立つ?

がん保険や医療保険に求める条件(がんの保障に関して)はいろいろあるでしょうが、商品を比較するときに、とくにご注意いただきたいことがあります。

それは、ご検討の保険が、ご自分が70代になったときに使い物になりそうか?という点です。

がんに最もかかりやすいのは70代以降

下のグラフは、新規でがんにかかった人数を年齢層別にあらわしています。『がん統計2021』(がん研究振興財団)をもとに作成しました。

20~24歳 25~29歳 30~34歳 35~39歳 40~44歳 45~49歳 50~54歳 55~59歳 60~64歳 65~69歳 70~74歳 75~79歳 80~84歳 85歳~

60代後半から急増し、70代がピークです。

80代に入って人数が減っているのは、亡くなる人数が多くなるためと考えられます。

2020年の日本人の平均寿命は、男性が81.64歳、女性が87.74歳でした。

経年劣化しやすい保険とは?

年数の経過につれて変化するのは、具体的な治療法や医薬品です。

よって、次のようながん保険・医療保険は、年数の経過により劣化しやすいです。

これらに当てはまる商品を避けたいですし、保障プランを検討するときにも意識していただきたいです。

保険の実力がわかるのは実際に使うときで、たいていは加入から数十年後です。

だから、多くの方々が、ダメな保険に入っても、なかなか失敗に気づけません。

お勧めは【がん診断給付型】

「勇気のお守り」は、【がん治療給付型】と【がん診断給付型】の2タイプがあります。

このうち【がん治療給付型】は、上の経年劣化しやすいがん保険そのものなので、お勧めできません。

他方【がん診断給付型】はお勧めできます。

おもな保障内容

「勇気のお守り」の2タイプの保障内容を別々に説明します。

がん治療給付型

ピンク色が、特定の治療法への依存度が高い、要注意な保障です。

がん治療給付金 自由診療抗がん剤給付金 ホルモン剤治療給付金 自由診療乳房再建給付金 死亡給付金 がん診断給付特約 がん入院特約 がん外来治療給付特約 新がん先進医療特約

ご覧のように、主契約(はずせない保障)が軒並み特定の治療法に依存しています。

30~40年後に、どの程度使い物になるか予想できず、お勧めできません

がん診断給付型

ピンク色が、特定の治療法への依存度が高い、要注意な保障です。

がん診断給付金 死亡給付金 抗がん剤・ホルモン剤治療給付特約 がん入院特約 がん外来治療給付特約 新がん先進医療特約

個別の治療法に依存する保障は一つで、しかも特約なので、これを付加しなければ経年劣化のリスクを抑えられます。

【がん診断給付型】をお勧めします。

治療法の影響を受けない診断給付金

「勇気のお守り」を含めて、がん保険の給付金の中で、もっとも治療法の影響を受けないのが診断給付金(商品によっては診断一時金)です。

診断給付金は、がんと診断されたら、まとまった一時金をもらえます。

さらに、前回の給付から1年経過後に、またがんと診断されたら(再発・転移を含む)、再度給付金をもらえます(回数無制限)。

このように、診断給付金は、その後にどんな治療を受けようと影響をうけません。

ですから、保険加入後に治療法が変化しても、原則として劣化しません

「勇気のお守り」の診断給付金は、➊10~400万円の範囲で給付金を設定できる、➋1年間隔を開けて回数無制限、➌2回目以降も診断だけで給付を受けられるなど、他社の診断給付金に比べて融通がききます。

「勇気のお守り」のお勧め保障プラン

ご検討いただきたいのは、以下の2つのプランです(オレンジ色の部分)。いずれも【がん診断給付型】にもとづくプランです。

がん診断給付金特化型プラン

主契約のみのプランです。

がん診断給付金 死亡給付金 抗がん剤・ホルモン剤治療給付特約 がん入院特約 がん外来治療給付特約 新がん先進医療特約

がん診断給付金で、治療にかかる費用の全部または大半をカバーしたいので、金額の設定をできるだけ大きくしたいです。

1年間隔で回数無制限に受け取ることができるので、50万円くらいの設定でも足りるかもしれません。ただ、保険料が負担にならないなら100万円以上が望ましいです。

診断給付金は治療開始前に請求できるので、まとまった金額を早いタイミングで手にできます

ただし、症状も治療方針もわからない加入時点で受け取る額を決めなければなりません。

実際にかかる医療費負担と給付金額とが一致しにくいのが、このプランの弱点です。

診断給付金+入通院給付金プラン

以下のような考え方のプランです。

  • がん診断給付金は、治療の準備費用、雑費、治療費の不足の補填用。
  • 医療費の準備は、がん入院特約とがん外来治療給付特約をメインにする。
がん診断給付金 死亡給付金 抗がん剤・ホルモン剤治療給付特約 がん入院特約 がん外来治療給付特約 新がん先進医療特約

医療機関による診療は入院か通院でおこなわれるので、行き届いた入院給付金と通院給付金(外来治療給付金)があれば、そのほとんどをカバーできます。

そして、この2つの給付金は、治療法が進化しても悪影響を受けにくいです。

ただし、ほとんどのがん保険は通院給付金(外来治療給付金)が非力で、頼りにならないことが多いです。

そんな中、「勇気のお守り」のがん外来治療給付特約は制約が少なく、頼りになります

入院給付金と通院給付金(外来治療給付金)を組み込むことで、保険から受け取る金額が、実際にかかる医療費と連動します。治療が長引くときは心強いかもしれません。

もっとも、がん診断給付金は何回でも受け取れるので、これだけでも治療の長期化に対応可能です。

比較したいライバルの商品

SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」【がん診断給付型】はお勧めできる商品の一つですが、こちらの商品とぜひ比較してください。

がん保険の比較ポイント

最近のがん保険は多機能な商品が多いので、比較できるポイントはいくつもあります。

そんな中で、とくに重要と考えられるのが以下の3点です。

  • 現在の具体的な治療法に依存していないか?
  • 現在の治療にもとづく数値(日数など)が、支払条件などに指定されていないか?
  • 上の2点をクリアしたうえで、通院だけの治療に幅広く対応できるか?

“最新”の治療に対応していることを誇っている商品は、これらをクリアできない可能性が高いです。

候補に加えてほしいがん保険

次のがん保険は、それぞれ長所・短所はありますが、上にあげた条件をクリアできているか、(保障プランの組み方次第で)クリアできる商品です。

FWD生命「FWDがんベスト・ゴールド」

診断給付金メインのがん保険。この診断給付金が他社に比べて有能です。

東京海上日動あんしん生命「がん診断保険R」

診断給付金メインのがん保険です。上の2商品には及びませんが、診断給付金は十分に実用的です。

この商品には、他社にはない健康還付給付金という仕組みがあります。それとの相性が決め手になりそう。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

入院給付金メインのがん保険ですが、最大の魅力は守備範囲の広いガン治療通院給付特約です。

この特約とガン診断給付特約を付けると、スキの少ない保障が出来上がります。

詳しいことはこちらで・・・

商品の比較にプロを活用

効率的に検討を進め、正しく判断するために、保険のプロの活用をお勧めします。

がん保険を検討するときの2つの危険

保険の中でも、がん保険には特有のむつかしさがあります。

ひとつの商品を理解するだけなら、そんなに難しくないでしょう。しかし、商品の比較に取りかかると、悩む場面が増えるはずです。

そこで、保険のプロの活用をお勧めします。

おもな商品を取り扱える保険専門のFP

検討を的確かつスムーズに進めるために、次の条件を充たす保険のプロを活用したいです。

こうした条件を充たするのは、保険専門のファイナンシャル・プランナーです。

保険専門のファイナンシャル・プランナーに無料で相談するなら・・・

保険専門のFPに無料で相談する

相談するファイナンシャル・プランナーのがん保険についての考え方は、このサイトとは異なるかもしれません。

がん保険は長く続けるものなので、さまざまな考え方に触れたうえで、ご自身で納得して決断してください!

このページと、関連性の高いページです。